ひょうご就農支援センター

いろいろな農業がある

*耕種農業と畜産
*その他の注意点

 農業といってもいろいろな作物・作目があり、いろいろな栽培方法や家畜の飼い方があります。
 また、単一の作物を栽培する経営(単一経営)や作物を組み合わせる経営(複合経営)の分類をはじめ、ビニールハウス等の施設で行う施設栽培や施設を使わない露地栽培、生産だけでなく、農産物の加工、販売先としてJA・市場以外にもスーパー・レストラン・消費者との契約、体験農園、観光農園などさまざまな形態があります。
 農業は、よく言われるように、他産業に比べ、気象条件に左右されやすいことも注意が必要です。

耕種農業と畜産

耕種農業 農地を耕して種をまいて(苗を植えて)植物を育てる農業(米、麦、豆、野菜、花き)と牛(牛肉、牛乳)、豚(豚肉)、鶏(卵、ブロイラー)などを育てる畜産があります。
 耕種農業では、1年間の限られた収穫時期しか収入が得られないため、規模(栽培面積)を拡大して1年分の収入を確保する、ほかの作物と組み合わせて年間の収入や労働を確保するなどの工夫が必要です。
畜産  一方、畜産について、牛乳を生産する酪農や卵を生産する採卵養鶏では基本的に年間を通して収入を得られますが、牛肉を生産する肥育経営では、牛の肥育期間が2年以上と長いため、素牛(肥育する前の子牛)の導入を段階的に行い、計画的に出荷できるような経営を行っています。
 さらには、耕種農業では、露地栽培よりも施設栽培の方が初期投資を必要とするとともに、畜産を新しく始める場合には、耕種農業と比べて、施設整備などにかなりの初期投資が必要となります。

その他の注意点

 果樹を植えて果物を生産する果樹栽培では、苗木を植えてから収穫できるまでに数年間を要することから、それまでの間、野菜生産などと組み合わせて、収入確保を図る必要があるなど、作物や作目によって特徴があることを十分調べる必要があります。

▲上へ